利益分配の仕組み

合同会社の設立と利益分配の仕組みについて


合同会社の最大の特徴とも言える要素として利益分配の仕組みの特殊性があります。最も多くの数が存在している株式会社においては、出資額に応じて配当を受け取る権利が発生するのですが、合同会社では出資額に関わりなく自由に配当を決めることが出来るとされています。

これは家族経営の様な小規模事業や、個人事業主が法人化するのに最適な会社法人の形として存在していたためこのようなシンプルな組織を形成することができるようになっていたのですが、この仕組みは大資本の会社にとっても魅力的な仕組みであるということが出来ます。そのため近年では大資本の大きな会社が合同会社となるケースが散見されるようになってきました。

合同会社は株式市場に上場して公開取引を行うようなことを想定していませんので、事業の透明性や公平性はそれほど重視された仕組みを有してはいません。その辺りを上手に活用した会社経営を設立目的とした合同会社設立もあるのです。この異様な大きな資本を持つ会社の場合は利益分配に最大の魅力を感じているケースが多いので、特別なケースに分類しても良いかもしれません。

このように配当を自由に分配できるという仕組みの下では公平性を欠きますので株式会社の様な第3者からの投資を広く募ることは難しくなるのが一般的です。投資した金額に関係なく利益分配がなされる可能性があるのですから慎重になってしまうのは当然のことです。これは会社を大きくしていく上ではデメリットですが、グループ企業を管理する管理会社としては便利な仕組みが整っているということが出来るのかもしれません。

合同会社の設立方法は株式会社の設立手続きを若干簡素化したものですので、専門の業者であれば1日で開設することもできる様な手続きで会社を作ることが出来ます。そのために必要な書類がいくつかありますが、事前に会社の印鑑証明で利用する印鑑と、事業資金さえ確保しておけばそれほど時間をかけることなく手続きを済ませてしまうことも可能です。

自分の会社を作るのですから自分で調べて取り組むのも一つの方法ですが、書類上の手続きが多くを占めますので専門の業者に任せてしまった方が間違いも少なく、適切なアドバイスを受けることも期待できますのでお勧めすることが出来ます。その費用は決して高いものではありません。

業者の中には定款を電子媒体で作ってくれるサービスを付属しているケースがありますが、その様な場合には長期的には経費が少なく済む可能性もあるのです。